SIWA×URUSHI

「和紙」と「漆」の持つ手触り感、素材強度、日本独自の技術を世界中の人々のくらしの中で使っていただけることができたらという願いを込め、この「SIWA × URUSHI」シリーズに取り組み、完成させました。 ミナペルホネン、ハッリ・コスキネン、クラウス・ハーパニエミとのコラボレーション。

 
 

本来は鹿革にのみ印刷が可能である漆印刷技術ですが、当社の開発した強度のある和紙「ナオロン」に特殊な加工を施すことで和紙に細かな漆をのせる印刷を可能にしました。 ナオロンの強靭な表面と、受け継がれてきた伝統的な漆印刷技術と新たに加えられた技術への挑戦により生まれた和紙と漆の新しい表現です。 和紙を丹念に精製したあと、1枚1枚熟練した職人が手刷りによって印刷を施しています。細かな柄の表現も独自の技術開発により実現しました。


ミナペルホネン
 

1995年にデザイナーの皆川 明により設立。オリジナルの図案によるファブリックを作るところから服作りを進める。国内外の生地産地と連携し、
素材や技術開発にも精力的に取り組む。

 

近年は家具やテーブルウェアなどのインテリアプロダクトや、ステーショナリーなどファッションの領域を越えたデザインプロダクトも発表。ブランド名は、フィンランド語で「minä」は「私」、「perhonen」は「ちょうちょ」を意味する言葉。 蝶の美しい羽のような図案を軽やかに作っていきたいという願いを込めている。


ハッリ・コスキネン

1970年 生まれのハッリ・コスキネンは、妥協しない、大胆なデザイン美学を持ち、キャリアの初期から国際的な名声を得てきた。実用的で清廉なスタイル、そしてプロダクトデザイン、空間デザインにおける思慮深いアプローチは彼のトレードマークでもある。
 

2000年に設立された、コスキネン自身のデザイン会社 Friends of Industry Ltd. は、プロダクトデザイン、コンセプトデザイン、展示空間デザイン等の分野の仕事に携わっている。2009年、初めてコスキネン自身の名前にちなんだコレクション Harri Koskinen worksを発表。そして同年、フィンランドの地元で生産された有機食品を扱うコンセプトショップMaatilatori -Eat&Joy Farmers Marketのパートナーになる。2012年1月、イッタラ ブランドのデザインディレクターに任命される。

 

www.harrikoskinen.com


クラウス・ハーパニエミ
 

 1970年 フィンランド ヘルシンキ生まれ。現在 ロンドンを拠点に活動する、国際的に賞賛されているデザイナー・アーティストである。

 

彼の作品の特徴は、伝統的な芸術と美学が、現代的なフォルム、鮮やかな色彩感覚と融合していることにある。 ハーパニエミのデザインアプローチは、自然の営み、フィンランドの伝統、神秘的なファンタジー、装飾的アートから影響を受けている。

 

これまで、デザインイベントのプロデュース、デパートでのキャンペーン、ファッションのコレクションやインテリアデザインなど、広く様々な分野とコラボレーションをしてきた。
またクラウスは3冊の絵本を出版し、アート、デザイン作品の展示会を多数、開催してきた。そして、2010年には、クラウス自身のテキスタイル、デザイン会社を設立した。

 

www.klaush.com

 

和紙×漆のコラボレーション 開発秘話

 

和紙と漆。伝統的なものづくりの組み合わせは、新しい試みの連続でした。

  
スクエアショルダー