TOP | items | gift | クラッチバッグwide ブラックと紙の花ブローチ

SIWA クラッチバッグwide ブラックと紙の花ブローチ (30個限定版)

あなたの大切な方へ。SIWA 製品のオリジナル・ギフトセット。

和紙でできたお花とSIWAの人気アイテムを特製のギフトボックスに入れた、特別な「SIWAギフトセット」です。

 

帽子デザイナー AYUKO HISHIKAWA がデザインした和紙の花「AH Paper Accessory」は新しい和紙ナオロン製。襟元を飾ることができるピンが台座に付いていています。ブローチの直径は約3センチとコンパクト。ピンの長さは2センチですから、男性の方のジャケットやシャツのアクセントとして、上品にお使いいただくことができます。

 

このセットでは、SIWAの人気バッグ「SIWAクラッチバッグwide」とこの「AH Paper Accessory」をセットにしました。

 

ギフトラッピングには、SIWAと同じ和紙「ナオロン」で作った特別なリボンをかけています。ぜひあなたの大切な方へのプレゼントに、ご挨拶やお礼の一品としてご利用ください。各色、30個のみの限定セットです。

clutch_flower03.jpg clutch_flower02.jpg clutch_flower04.jpg

製品情報

セット内容:和紙のお花「AH Paper Accessory」ブローチ ダークグリーン、SIWAクラッチバッグwide(ブラック)

ブローチのサイズ:直径約3センチ(ピンの長さ2センチ)

生産国:日本製

 

 

和紙のお花のブローチについて

 

このギフトセットに含まれているお花のブローチについての詳しい情報をnoteにまとめました。

  
スクエアショルダー
 

 

1000年の歴史のある和紙の産地から。

 

甲斐の国、市川大門。
気高い峰々と清い水に恵まれたこの里は、遠く平安時代から和紙の産地として知られてきました。正倉院に収められた書物には「756年に甲斐の国より朝廷へ紙の原料となる麻が納められた」という記録があるほど。その後も市川大門の和紙は武田氏、江戸徳川幕府の御用紙として認められ、発展してゆきました。

 

和紙のメーカー、大直の歴史は市川大門の紙業の歴史と歩みをともにしてきました。近年は伝統の中に新しい技術を盛り込んで、インテリアや雑貨にも利用できる紙を開発してきました。

 

和紙の優れた特性をそのままに、耐久性を兼ね備えている和紙、それが「ナオロン」。この大直が開発した新しい和紙を用いた商品を山梨県出身の工業デザイナー、深澤直人さんと共につくりあげました。それがこの「SIWA | 紙和」の製品です。