TOP | items | briefscase | ブリーフケース wide

ハンドバッグのように使える、コンパクトでシックなバッグ。

SIWA ブリーフケース wide 

SIWAの定番バッグである「ブリーフケース」をコンパクトにして、どこへでも持ち運びができるスタイリッシュなハンドバッグを作りました。

 

開口部は横幅28センチ。ジッパーは本体の側面まで大きく開きますから、収納したモノの出し入れがしやすく、必要なものがすぐに見つかります。さらに内側にはポケットを装備してお財布やスマートフォンの収納にも対応。ハンドルは布巻きにして握りやすく、手触りよく仕上げました。

 

重量はわずか125グラム。びっくりするくらい軽快。可能な限り荷物を軽くしたい、とお考えの方には嬉しいスペックが実現したのは、新しい和紙で作ったから。手触りが優しく、耐久性があって、水にも強い。それが新しい和紙、ナオロンで出来た「SIWA バッグ」の特徴。雨になってもへっちゃらで、耐荷重5キログラムと、重いものもしっかり持ち運ぶことができるバッグです。

 

 縫製はひとつひとつ、職人がミシンで縫製することで完成します。縫い目が目立たない構造、袋縫いの二重構造によって強度を高めました。さらに本体の底面と側面にはクッション材を入れて、収納したものを大切に持ち運び、形崩れも防いでいます。さまざまな服装やファッションにも似合って、お使いいただくうちにますます良い風合いになってきます。

 
 
 
 
 
 
 
 

製品情報

大きさ:H150 × W280 × D115 mm

重量:125グラム

素材:ソフトナオロン 持ち手:帆布

収納:内ポケット×1 取っ手布巻き 底/側面ウレタン入り

生産国:日本製

 

SIWAバッグの特徴

 

scene 01

重いものも入れられます。

 

SIWAのバッグや袋製品は、ナオロンという素材の特徴を最大限に発揮してくれる、和紙製。しかし「和紙製」といっても、ナオロンは特別な和紙。

 

このナオロンの特徴は、まず水に強く、雨になってもそのままお使いいただくことが可能。むしろ水に濡れることで強くなる、という性質を持っています。折りたたみ傘など、濡れたものも入れても平気です。

 

そしてその強度は、なんと耐荷重5キロから10キログラム。実際にこのサイズのバッグに10キログラムのモノを入れると持ち上げるのも大変なくらいですが、重量のある書籍や資料の携帯も可能な安心感です。

 

scene 02

傘などの濡れたものを入れても破れる心配がありません。

 

ナオロンの素材を、ひとつひとつ職人がミシンで縫製することによって完成していますが、縫い目が目立たない構造で、いったいどのような行程で作られているのか不思議なくらい。袋縫いの二重構造によって、さらに強度を高めてあります。大量生産はできませんが、とても丁寧に、きちんと作られています。

 

手にした時の独特の肌触りと、眺めた時のやさしい風合い、美しさ。古く奈良時代から私たち日本人の生活とともにあった「和紙」という素材の素晴らしさは、みなさんよくご存じの通りでしょう。

scene 03

和紙の産地、山梨県市川大門の伝統的なものづくりから生まれました。

 

軽くて風合いの良い和紙の良さはそのままに、和紙の産地、山梨県市川大門の和紙メーカー、大直(おおなお)が、紙の可能性を広げる、新しい和紙をつくりました。それが「ナオロン」。和紙のしなやかさを持ちながらも、耐久性があり、水に濡れても破れない特徴を持っています。

 

これまでデリケートだった紙を、いっそう私たちの身近な素材にしてくれて、いつもそばにいてくれる道具をつくることができる。この優れた和紙、「ナオロン」を使って身のまわりのものを作り出すブランドが「SIWA | 紙和」です。

 

 


お手入れ方法

洗濯はやさしく手洗いで、撫でるように洗ってください。

洗濯後は絞らずに、そのまま干すか、タオルなどを挟んで水分を取ってから自然乾燥させてください。

洗剤や漂白剤も使用可能です。

アイロンやドライヤー、乾燥機は使用しないでください。高温のものには触れないようにしてください。

 

SIWA information

この製品のお手入れ方法や使いこなしの情報

雨の日でも使える和紙のバッグ?!

 内容を読む→

SIWAのファスナーと糸、色の話

2020年6月11日 内容を読む→

SIWA商品の検品について

2020年6月4日 内容を読む→

ハードとソフト、2つの「ナオロン」の違いとは?

2020年3月2日 内容を読む→

SIWA製品の修理につきまして

2019年11月13日 内容を読む→

SIWA製品のお手入れ方法

2020年3月4日 内容を読む→

 

1000年の歴史のある和紙の産地から。

 

甲斐の国、市川大門。
気高い峰々と清い水に恵まれたこの里は、遠く平安時代から和紙の産地として知られてきました。正倉院に収められた書物には「756年に甲斐の国より朝廷へ紙の原料となる麻が納められた」という記録があるほど。その後も市川大門の和紙は武田氏、江戸徳川幕府の御用紙として認められ、発展してゆきました。

 

和紙のメーカー、大直の歴史は市川大門の紙業の歴史と歩みをともにしてきました。近年は伝統の中に新しい技術を盛り込んで、インテリアや雑貨にも利用できる紙を開発してきました。

 

和紙の優れた特性をそのままに、耐久性を兼ね備えている和紙、それが「ナオロン」。この大直が開発した新しい和紙を用いた商品を山梨県出身の工業デザイナー、深澤直人さんと共につくりあげました。それがこの「SIWA | 紙和」の製品です。

 

Recommend Items

おすすめアイテム